2019年6月14日金曜日

切なポップ

90年代ど真ん中に青春を過ごした

おっさん世代には何ともグッとくるサウンド

個人的に一番萌えたポイントは

シンセの下で時折現れるケツのピアノのコードに

AHMAD JAMALを感じた訳であります

90年代のHIPHOPを通過した世代は

知らず識らずのうちに

JAZZYなコード進行がDNAに刻み込まれてると思う

歌声もなんとも言えないんだな

生バンドセットでビルボード希望!

とりあえずツボっす




















2019年6月12日水曜日

遠回り

出先から

ちょっと余裕があったので

あえて遠回り


いやぁコレだなコレ



若干自然に飢えていた事に気づいてみたが

山道にかかる時間を舐めていた



まあそんな時間の使い方






うぃふぃ

人知れずWIFI難民になっておりました

元々重かった通信状況も

ここ最近にいたっては

連日のインターネット遮断

流石にコレはいかんという事で

プランの見直しをしてきたが

なんでも現行契約の最低のプランの

1/10のスペックのモノを利用していたらしい

どおりで重いはずだ



そこは自分も男だ

もうグンと奮発して

今利用しているスペックの30倍のモノを契約してやった


といっても

現行の最低プランの3倍だが…


なにはともあれ

超快適




2019年6月3日月曜日

かんかん焼き

あ、

そういう事ね


「とんちゃん」みたいな俗称で

「韓々焼き」みたいなイメージを勝手に抱いて

額から流れ出る汗を拭きとる用意で顔を出してみたが

そのまんまやった



2019年6月1日土曜日

FLAVOR OF THE MONTH / Mar. 2019

ここ最近もの凄く音楽熱が復活しているが
あくまでもリスニングとしてであるという事を
久し振りにレコードをかけてみて思い知ったが
最近は自分のライフスタイルにあった音楽との距離感なので
電車に乗って隣街のレコードショップに通っていたあの時期ぐらい
フレッシュな毎日を送れている
ちゅーことで今月のオススメ


1. LAURYN-HILL feat D’ ANGELO / Nothing Even Matters

今月は久々のレコードをかける機会があったが
夕暮れのルーフトップでかけたいって
イメージ出来たのは正直この一曲だけで
その後この曲のイメージが強すぎて何かけて良いのか迷子に…
素材が良いものは調理をしない方が良いなと改めて学習
いやー良い曲だ




2. FRANK DUKES / Art Church 135

FREE SAMPLE!!
SOUNDCLOUDのTHE DRUM BROKERの名前も
サプリング利用も可能な
現代版ライブラリーサウンドを制作するプロジェクトも萌える
KINGSWAY MUSIC LIBRARYシリーズの中でも
取り分けドツボなTHE GAMEのJUICEネタ
やっぱこういうパイオニアが好きなんだな

最高!





















3. BUSTA RHYMES feat ERYKAH BADU / ONE

心地よいフィルタリングされたネタのループに
ROCKWILDER印のシンセが絡みつくトラックの上を
ソフトなタッチで乗っかるバスタ
シングルカットされたにも関わらず
他の曲に喰われて今ひとつ華のない曲だが
俺は好きだ!



最近ハスっているので時間が足らず
ブログの更新が疎かだが
ぼちぼーちマイペースにやっとります


誰かまとまった時間ください

2019年5月23日木曜日

TODAYS NAKAMICHI

MEDICINE SHOW シリーズのNO.7
MADLIBのJAZZプロジェクトの
未発音源、新録、ライブ音源などで構成されている
サウンドコンパイル

収録されている全てのプロジェクトに
限定プレスがあったっていう設定で
ジャケットまで用意されているというコリよう

コレ本当にひとりでやってんですか?
ってな訳だが
ひとりの人間が全ての楽器を演奏しているという事は
すなわち同時に演奏できないという事である
どこまでがサンプルでどこまでがプレイなのか
全ての境界線が識別不可能なファンタスティックな仕上がり

いわゆるジャズミュージシャンではないが
HIPHOP的手法でその全てを再現してしまった
実に前衛的な音楽

Y.N.Q関連はそういう聴き方すると更に奥が深まる
奇才が天才になった瞬間が詰まっております

ってな訳で
今日のナカミチ

MADLIB / MEDICINE SHOW no.7 「HIGH JAZZ」